top of page
  • naitou

「お煮しめ」


早朝から出かけてしまう日が続いたので、ネル王子はちょっとおかんむりのご様子。

電池が切れて眠っている私を、何度も起こしに来るのです。

「りえちゃんりえちゃん、だっこのじかんです」

「ぼくのライスにふりかけをお願いちます」

「りえちゃんてばりえちゃんてばねえねえねえねえ」

それは私が起き上がるまで永遠に続くのです。

「えへ…ちょっとね…無理…今起き上がれないんだよねー…」

そう何度かむにゃむにゃつぶやいてはみても全然聞く耳持たずで、やっと起きていった私は、あけがたの台所で黒猫を抱いて、明けてゆく空をながめながら、ぽーっとしているんでした。


今日の夜か明日くらいには、展示「ナイトルート」の物販なども少しずつお知らせできそうです。

さてさて何ができるかしら。


昨日、市場の八百屋さんでさといもがとてもおいしそうだったので買って帰って、今、根菜を中心とした煮物をことこと煮込んでいます。

「八百屋のおじさんが機嫌悪そうに『はいよ、600万円のおつり』って、おつりくれた」と、家の人に話すと、少し考えてから「いや、それはむしろ、…機嫌がよかったんじゃないかなあー」と言われて「あ、そっか」と思いました。

まるでお正月料理のお煮しめかのような煮物をお弁当に詰めて、そろそろ出かけようと思います。

あ、そうだ、しいたけも入れたらよかったかな。なんて思いながら。

bottom of page