top of page
  • naitou

「お話ネルネル」


ネルネルは、夜寝る前と朝起きた時、各30分くらいは、私とお話しないと気がすまない。

台所のせまいテーブルで、または描きかけの画材がひろがった作業机で、思うままにねそべりながら、彼はつやつやした毛並みの背を私に向けて、サイレントニャーもしくはゆっくりとしっぽを大きく振ってよこす。

私は、かなわないかもしれない約束を何度もくちにしては、ふぁさふぁさとしっぽパンチをくらうだけで、その世界には音もしないし暑くもない。

そう、きっともう、いいことしかない。


最近、このページの更新が間遠になっているのは、はっきり言って、眠いからです。

なにしろ、暑いのですよ。

だからすずしい夜になったとたん…なんだか…眠くなってきてしまってね…。


ちょっとくらい時間がないほうが、ペース配分がうまくゆくような気がしていていつも。

この気分でこの体調の時は、譜を書こう。とか、青がきれいな夜明けだから今は絵を描きたい。とか、えんぴつがうまく削れたから書ける一文がある。とか。

なんでもいいし、いつでもいい。

さして、準備はいらなくて、気軽にすうっと入って息づける日々でありたいなと願っています。


ふりむけば、隣室の布団の上で、魚拓のようにしずかに横たわった黒猫ネルが、待ち構えています。

「ぼく、ねむい。りえちゃんも、もう、ねむいはず。おふとん、あっためとくね」

というわけで、もう寝ます。

明日は早起きしなくちゃなのでね、おやすみなさい。



Comments


bottom of page