top of page
  • naitou

「こたつっ子」


ちょいと燃え尽き気味のせいか、冬眠気分のせいか、あまりからだに力が入らなくて、よく眠る日々が続いています。

まあでも、それはそれで、だいじなことだと思うのですよ。今は。


さきほど、こたつを出したら黒猫が秒で失踪しました。

毛布に溶け込みがちな彼を踏んづけてしまわないよう努力します。


先日の展示前に、今回は大きい絵がいくつかあったので「大きい額…買ったほうがいいかなあ…うーん」と考え考え歩いていたら、市場の漢方薬局さんの前に大きな額が置いてあって<ご自由にどうぞ>の貼り紙が。え!と思ってご挨拶にと薬局のかたに声をかけようとして扉を開けると、顔見知りの先生がたが「これも持って行かない?」とポスターカラーをひと箱持たせてくださったのでした。


プラバン細工の際に必要なポスターカラーが、何色もたくさん手に入ったことで、がぜんやる気を出した私は、エコバッグのプレート、展示用の重要な作品いくつか、などなど、次々とあっというまに手がけたりしていたのでした。

大切に使っています、どうもありがとうございました。




ネルネルは、あまったれた声で夜中に私を起こすのが大好き。

この前、何度呼ばれてもあまりにも眠くて寒くて私が起きださなかったことがあって、しばらくの間

「にー…(りえちゃん…起きてよう…)」

「ごめんね今日はちょっとむずかしいの…」

「にいいー…(だっこー…)」

「うん…ごめん…むにゃむにゃ…」

などと対応しているうちに、やがて何を思ったのか、眠っている私の顔めがけて突然ダイブする黒猫(推定6㎏)。

「りーえちゃーん!起きてようー!きゃっほー!」

…その後のことは、みなさまのご想像におまかせするのです…


たぶんもう少ししたら家の人が帰ってくるので、そしたらこたつで3人で鍋を囲もうと思います。

3人?…いや、2人+猫?


台所で鍋の基礎を煮ながら、ずっと山田さんのクリスマスアルバムをかけていたら、だいぶいい感じに素敵に気持ちがととのってきた気がします。

こたつから出てこないネルネルをあやしながら、もうしばらくぽやぽやしていようかと思います。









bottom of page