• naitou

「スケールの記憶」


映像テストがわりに、自分で鍵盤ハーモニカを演奏しているところを1分ばかし撮ってもらった。

完全に、慣れきったトランペットのかまえかたで、鍵盤ハーモニカを吹く自分の映像。

なんだかなつかしい子に会ったみたいで、ちょっとぐっときた。

今は真夏。

真夏はずっとコンクールの季節だったから、なおさらだ。


ネルが最近、おなかを出してのびているようになった。

暑いから&リラックス。

寝ながらしっぽでリズムをとるのが得意なのだけど、それ、裏だよ。


私にとって、高校吹奏楽部の記憶は強い。

合奏前のスケールひとつとってみても、みなで小節ごとに何番目かの音符を抜いて吹いてみたことや、私あの和音が気に入ってるだとか、気づけない音の差、ふと部室の壁にかかっているだじゃれカレンダーに目がいって笑っちゃって吹けなくなる子やなんか……

音楽とともに夢中ですごしたいくつもの季節は、どんなに忘れても、かえってくる。


そりゃ確かに、私の中で、演劇人生はひどく強い。強かった。へんに強くひかる生き方をしすぎてしまっていた。

だけど、それだけじゃなくて、なにもなかったことではなくて、

それらすべてを経ての今の自分が、今は描く。

たいせつなものを地道につむいでゆくことに、かわりはない。

それでいい。と、今は思う。