top of page
  • naitou

「デイズ」





駅周辺、もうじきなくなってゆく景色をカメラにおさめようとする人が、近頃とみに増えたように思います。

方法はひとそれぞれ、なんでもいい。

この日々は観光やイベントではなくて、続く年月のいとなみであること、であったこと。

そして、どんな物語にも日々は続いてゆくことを、私も誰かも、ひとごとのようではなくて大切に胸にわかってゆけますように。








ネルネルが、めずらしく前の猫のケージに入って夜じゅうくつろいでいたので、朝になってそっと

「何か話せた?」

と訊くと、

「いやとくに」

あくびまじりに、なぜかちょっとおとなっぽい返事がかえってきました。

ネルも、ないしょごとする年頃になってきたのかしらね。


昨日の帰り道は、あまりの寒さに涙目でした。

今日はいい天気、少しでもあたたかいといい。

そして新しいノートは順調に綴られてゆきます。



Commentaires


bottom of page