• naitou

「夜中の」


ふと気づくと、隣の部屋でネルがひとりでコックリさんをしていた。


なにかの宅配の代引で用意しておいたお代金から10円玉を取り出して、カシャーカシャーと床に滑らせている。

「夜中にひとりぼっちでコックリさんをしている黒猫」。

って、それだけ言うと、なんだか怪談みたいだけど、本当はただただ遊びたいだけ。


「それはおもちゃじゃないから遊んじゃダメ」と言って、

かわりに、今日行ったライブのコースターをあげておいた。