• naitou

「天気雨」


朝七時前くらいに、一瞬、すさまじい天気雨が降った。

窓の外は青空で大雨。

私は時おり、黒猫と頭をくっつけながら、いくつかの資料の交通整理をしていた。

いつものノートに、らくがき程度に絵や言葉を書き留めたりしながら。


そして突然始まる消しゴムサッカー。

楽しげにどこかへと消えてゆく黒猫&新品の消しゴム。

とほほほほほと、追いかける私。

窓の外は天気雨、天気雨。