• naitou

「天道虫~てんとうむし~」


お夜食に、カレーを作ろうかそれともケーキを焼こうか、と、だいぶ方向性の違うことをずっと考えている。

私の背後では、猫がにょろにょろとひきだしにもぐりこもうとしており、けっこう楽しそうなのでもうひっぱりだす気にもなれずに、「からいもの…もしくは、あまいもの…」だなんてな。


おととい、4畳半の自室に、巨大な作業机が届く。

絵を描く机と、PC作業の机を別にしたら、一気に楽になった。

いやしかし、私も猫も遭難するかと思ったくらい大がかりなもようがえだった。

「だからネルはひきだしに入れないんだってば!」と何度叫んだことか。

「『にゃおん』とか言ってる場合じゃないよ!」とかね。


この冬から春にかけて、猫と暮らすにあたって、さまざまな切り替えに心身を費やした。

私はこの半年で、本を400冊くらい、処分した。

ずっと本によりそってきた私にとって、大決断だったと思う。

ひとつひとつ、タイトルをつぶやきながら、段ボールに入れていった。

たまに、「どうもありがとう」と言うこともあった。

本当に、どうもありがとう。と思っていた。

私への役割を、それぞれが、ひとつもふたつも終えたことだったからだ。


そばにいてもいなくても、本も音楽も、

「ああ、そういうことだったんだ」と

ずいぶんあとになってわかることが、いくつもある。

そう思えるだけの重みで、ずっとそばにいてくれたことは確実なのであって、私の中でまわりつづける物語と、響き続ける音楽は、もう終わることがない。

そういう時期が来たんだと思う。

猫はただ、それをみちびく天道虫だっただけでね。