top of page
  • naitou

「晴れやかな朝」


明けがた、まだ眠たい時間のことでした。

ネルに起こされた私はむにゃむにゃとごはんをあげました。

少し食べて、ネルはいそいそと、近くにあったアマゾンの袋の中へ。

私はまだ眠かったので、布団の敷いてある部屋に戻りました。

1分後。

「ちがーう!そうじゃなあーい!」

ネルコの悲鳴のような泣き声が。



ネルコとしては、私がそのまま起きて台所で家事など始めると思ったらしく、袋の中に隠れては

「ばあーっ!」

て顔を出して遊びたかったようなのです。

ごめんごめん、それ、気づいてあげられなかったね。

くすんくすん言っているネルをとんとんして、私はまだむにゃむにゃ言ったまま、とりあえず冷蔵庫を開けて冷たい牛乳を飲んでみました。


ネルコのおなか、だいぶよくなったような気がしています。

まだまだ油断はできないけれど。

口元の荒れはひいて、なんだか男前になりました。

今はさっそく「今日はあつそうなのでクーラーをかけてくださあい」と言ったまま、窓辺でごきげんにひっくりかえっています。


今日は思いっきり暑そうですね。

明日はちょいとお出かけなので、よく晴れるといい。

今は言葉をひとつひとつ、自分に確かめています。

Comments


bottom of page