top of page
  • naitou

「猫怪獣ネルネルのいる日々」


夜中のことです。

私はネルに起こされて、ぼんやりと作業机のノートをひらいたり閉じたりしていました。

半月が、グレイの雲にかくれてはまた光りゆくような夜でした。

そんな私に、あくびをしながらネルが言うのです。

「りえちゃんりえちゃん、今日はてをつないで寝まちょうよ」

いや、さっききみが起こしたんだよねえ。

「そうちまちょう、おててつないで、もう寝まちょう」

すこしずつ、秋が深まって空気が冷たくなる日々です。

私は毛布にくるまって、深呼吸をしました。

すぐ隣にころんとねころがっているネルが嬉しそうに、くーっと、手をひろげました。

コーヒー豆によく似た、ネルのこげ茶いろの肉球をそっと押しながら、明日はあれとこれをしなくちゃなあー…、などと思う間もなくすうっと眠りにおちる私に、これ以上なにができるでしょう。

手をつないで眠る私とネルを、夜更けの半月が優しく見ていました。

コメント


bottom of page