top of page
  • naitou

「日没」


息をつめて泣いていると、ふいにネルが起き上がって、背中で私の涙を一拭きしました。

そして、手を差しのべて言うのです。

こぐまちゃんのような、かわいい黒いむくむくのおててで。

「りえちゃんたら、泣いてないでぼくのにくきゅうでも押してなさーい」

さいですかいと、私はコーヒー豆によく似た黒猫の肉球を押してみました。

ぷに。ぷにぷに。

「ついでに指のあいだとお耳のうしろも、おねがいしまーす」

はいはいわかりましたよ。

ぷにぷに。ごろごろ。むしゅむしゅ。ごろごろ。

そうこうしているうちに、なんだか涙もおさまってきたようなので、今日はこのへんで、明日もいい日で、ごきげんよう。


תגובות


bottom of page