top of page
  • naitou

「音触」


ものすごく詩的な文章をこまごまと書いていたところで、台所で泣く猫の声がします。

ネルのことを最近私は「ネルコ」と呼ぶことがあって、それは「子」ではなくて、<母をたずねて三千里>の「マルコ」とか、PARCOとか、そういう軽やかな感じの音触なのでした。


ネルと私の最近の流行は、家の人の留守に、家の人の布団(超ふかふか!)でこっそり眠ることです。

うっかりしてぐうぐう眠ってしまうこともしばしばで、そうゆう時ネルネルはだいたい腹を出してのびています。

そんな日々だよ。

今日はもう、ネルコと寝るよ。

Comentarios


bottom of page